ホーム>会社情報>環境への取り組み

お問い合わせ窓口

基本方針

割り箸は本来、健全な人工林の育成に欠かせない 間伐材や、製材の過程で生じる端材や残材、 あるいは建材に加工するのに不向きな樹種を 有効に利用して製造されるものでした。 割り箸は自然と共存し、自然の恵みを大切にする日本人の心、文化そのものであったと言えます。
しかし近年、割り箸は地球環境破壊の一因であるとの非難を受けています。地球環境問題は人類のみならず、他のあらゆる動植物を含む地球生命圏全体に関わる問題です。
大和物産株式会社はこのような批判を真摯に受け止め、お取引先様と社員の緊密な共同作業を通じ、森林資源を無駄なく有効に活用すると共に、森林資源の再生産に配慮した企業活動を行ってまいります。 同時に、わが国独自の手に持つ食器として、伝統を育み、日本の心、文化の担い手としての割り箸を次世代に伝えていきます。

基本方針

  • 地球環境への負荷軽減を事業活動の基本と認識し行動するため、「環境マネジメントシステム」を構築
    します。
  • 環境関連諸法規及び当社の合意したその他の要求事項を遵守します。
  • 人工林の健全な育成に欠かせない間伐材や製材の過程で生じる残材を積極的に利用します。
  • 製品のライフサイクルを考慮し、環境負荷軽減のための製品開発に努めます。
  • 環境マネジメントシステムは継続的に改善します。
  • グリーン・マーケティング協会の法人会員として、環境基金の活動を支援していきます。
  • 環境方針を全役員、社員に徹底し、地球環境について考え行動します。

基本方針

日本は世界有数の森林国であり、その国土面積の約7割は森林です。
しかし、森林は放置しておくと木々が密集し、個々の木にまんべんなく栄養が行き渡らなくなり、その結果森林全体が健全な状態を保てなくなってしまいます。そこで森林を丈夫で健全な状態に保つためには密集した木々の間の木を伐採する間伐という作業が必要になります。国産材割箸はこの間伐した木材(間伐材)を原材料として製造することで、木材資源を余すことなく有効に活用しているのです。 大和物産はこのようなサイクルを活性化させ、より健全な森林育成を保つために国産間伐材の有効活用に積極的に取り組んでおります。

また、地球温暖化対策として京都議定書では、2012年までに日本の二酸化炭素(CO2)の排出量を1990年の水準より6%削減することを約束しています。そのうちの3.9%を日本国内の森林によるCO2の吸収量を増やすことで達成しようとしています。このため,林野庁においては2005年度から国民運動として「木づかい運動」の取組みを開始し,国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し,二酸化炭素(CO2)をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進めようとしています。
「サンキューグリーンスタイルマーク」は森林に感謝(サンキュー)しながら、目標の3.9%(サンキュー)の達成に向かって、国産材製品を身近に取り入れ、多くの国民の皆さんにうるおいのある生活を育んでいただこうという願いが込められた木づかい運動のシンボルマークです。(国産材使って減らそうCO2)

大和物産はこの取組みに賛同し、国産材を利用した製品づくりに今後も努めていきます。

国産材、使って減らそうCO2

会社情報